対話セラピー

結論から言ってしまうと、
人は話す事で大抵の問題を解決する事が出来ると僕は思っています。

その理由は、人と人との諍いはコミュニケーションに起因する為です。
コミュニケーションを原因として起きている現実の問題を解決するのは、

「相手への想い」や「気持ち」や「誠意」ではなく、
言葉です。

言葉でしか解決できないとすら僕は思っています。

当事者同士が話をする事が一番近い解決への道だとは思うのですが、
第三者の“聞き役”として存在するのが対話セラピストです。


対話の中に問題点を見出し(現状把握)、
解決する為の着想を提案(手段の精査)します。

ご自身の一番よい(正しい)道を選べるように、
カードを並べ替える作業と考えてください。

その大きな二つのポイントについて、本人が気付かない事や
目を逸らしている部分へのスポットを当てることで、
問題解決への道を一緒に探してゆく、それが対話型セラピーです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック